特集・お役立ち

留学・ワーホリに掛かる料金は同じでも、充実度は2倍!?

 

  自分で手配した場合や、他社のエージェントさんを利用した時に掛かる留学費用と同じだけれど、
    それらよりも、2倍の濃度の留学、ワーホリの体験、充実度が得られる方法があるとしたら、

  貴方はどう思いますか?

 

  留学・ワーホリに行く際、様々な事を選び、手配をする必要があります。

 

  ・パスポートの取得

  ・VISAの種類の検討と申請

  ・渡航先(国、都市)の選定

  ・(語学)学校の検討、申込み、支払い

  ・到着時の宿泊先の検討、手配、支払い

  ・到着時の空港からの移動。

  ・海外旅行保険の検討、申込み

  ・その他、携帯電話やインターネット端末、持って行く荷物など。

 

   ざっと挙げても色々と出てくるのですが、

   大手の留学エージェントは、手配料・サポート料を請求する事が多く(有料エージェント)

   中小の留学エージェントは、手配料、サポート料を無料にする事が多いです(無料エージェント)

 

   有料エージェントと無料エージェントの違いは別にお話しするとして、

   正直な所、殆どサービス内容は変わりません。

 

   ですので、単純に考えるならば、無料でやってもらえる方がお得です。

 

   ご自身でお手配をされるのと、無料エージェントを利用するのでしたら、

   手配ミスや専門知識などを加味しても、無料エージェントを利用した方がお得です。

 

   ここまでは、いろいろな情報サイトによく書かれている話なのですが、

 

   「自分で手配する」 / 「無料・有料エージェントを利用して手配する」

   どちらも、手配する方法について損得や効率を述べていますよね。

 

   つまり、ここでの話は手配の方法だけであり、どっちで手配しても現地の滞在については変わらない。

   もちろん、現地のサポート体制の有無というのは変わりますが。

 

   何が言いたいかと申しますと、ちまたに溢れている留学・ワーホリに関する情報は、

   手配方法や損得の話ばかりで、もっと大切な

    

    『渡航中、どのように生活するべきか』

 

   という事が欠如しているという事です。

   

   「いやいや、ワーホリ生活の1日を書いた特集があるよ」というような突っ込みを頂きそうですが、

   朝何時におきるとか、学校に行くとかそういう話ではなく、

   心構えというか、ものの見方というか、もっと精神的な話です。

  

   殆どの留学エージェントは、留学の手配斡旋業者です。

   学校や保険会社へお客様を紹介する事で利益を得る業者です。  

   その会社のサービスとして現地サポートなどをしています。

   そして、現地の最新情報をお伝えします!というように謳っています。

 

   それなのに、「日本で聞いていた事、知ってた事と全然違う」という声をよく聴きませんか?

 

   なぜでしょう?

   現地の最新情報をお伝えしているはずの留学の専門店で、留学経験者のカウンセラーと話をしているのに、

   こんな事がおきるっておかしくないですか?

   

   ・カウンセラーのスキルや知識が低いから?

   ・カウンセラーが伝えるべき事を伝えていないから?

   ・カウンセラーが都合の悪い事を伏せて、伝えないから?

   ・実はお客様が聞いた事を忘れているだけ?

   ・一般常識的な内容であって、お客様自身が知っているべき内容だった?

   ・規約、約款に書かれている内容で、読む事が前提となっている内容だった?

   

   私は今まで、旅行・留学を併せ、のべ1万人以上の方の渡航手続きをさせていただいており、

   色んな事例を見てきましたが、理由としては全ての事例がありました。

   

   だけれども、一番大きな理由は、お客様とエージェントとの意識のギャップだと私は思います。
   2つ目の理由はは、カウンセラーが総括的な知識を持たず、自分の経験をもとに主観でカウンセリングをしているからだと思います。

   

   先に述べたように、留学エージェントは手配会社です。手配をする事で利益を得るので、

   手配数を増やす事に躍起になります。そうすると、どうしても海外生活における細かい説明、特に

   物事の捉え方、考え方といった話は割愛されます。

   また、物事の考え方というのは、非常に主観的なことですし、多少の留学経験や業界歴のスタッフには

   難しい所です。

 

   その為、対処療法的に「現地到着後に困った事があると現地サポートを利用して」という事になります。

   そして、現地生活の最初は様々な問題があり現地サポートを利用しますが、慣れてくるに従って利用する事がなくなってくる。

   こういう事がよくあります。

 
   理由がどうであれ、「日本で聞いていた事、知ってた事と全然違う」なんて事が起きるのは

   非常に時間の無駄だし、精神的にも無駄な労力だと思いませんか?

  

   先に知っていたら、未然に防げるトラブルや無駄な時間を省けると思いませんか?

   また、トラブルではなく良い体験に変わっていたら、非常にもったいないと思いませんか?

 

   よくある一例として、ホームステイ。

 

   『料理は質素だし、朝食は勝手に食べろって言われるし、シャワーの時間でうるさいし、

   ベッドが乱れてるからベッドメーキングをしろって、、 友達と夕飯を食べて帰ったら怒られた。

   週末は何処にも連れて行ってくれないし、なんだかいつも怒ってる感じで話しかけてくれない。

   ってそもそも、白人の家庭じゃないし! なんか、お金目当ての商売として受け入れてるって感じ!』

 

   ちょっと誇張して書きましたが、こういう声を聞いたことがありませんか?

   ホームステイの上手くいくコツとして、「家族の一員になりましょう」というのもよく聞きませんか?

   

   上記の家庭は、オーストラリア人の家庭としてごく当たり前の家庭なんですね。
   ホームステイの受け入れとしても、普通なんです。

 

   しかし、ホスト側の行動の元になっている考え方、文化的な背景を知らず、

   日本での生活を基準に考えると、「信じられない。ありえない。」となるわけです。

  

   ホスト側の行動の元になっている考え方、文化的な背景を知らずに、家族の一員になれといわれても、

   無理があると思いませんか? そもそも初対面の人と家族の一員といわれても困りますよね。

 

   一般的な留学エージェントは、ホストの考え方や文化的背景などを説明してくれませんし、

   知らないカウンセラーも多いでしょう。

 

   けれど、こういう事を知ったうえでホストと良い関係が築けたなら、ホームステイ期間中の体験や

   充実感、ホームステイをした観想は上記の例の声と間逆になると思いませんか?

 

   こういった例は、海外渡航全般に渡って色々とあります。

   弊社では、「先に知っておけばよかった」事を「先に知ってもらう」のが、手配斡旋業者ではない

   留学エージェントだと思っております。

 

   逆に、現地で手取り足取りサポートするのは、成長を阻害する事になると思っております。

 

   何も知らない人を、放り出して勝手に生きろというのは、無責任な事ですので、他社さんのやり方を

   批判するつもりはありません。

 

   しかし、問題の解き方を知ったうえで、実践問題に挑戦している人に解答を教えるのは、その方にとって何の力にもならないと思います。

    

   弊社では、
   命に係るようなトラブルや困った際には手を差し伸べ、見守るような現地サポート

   より充実して、力のつく留学・ワーホリを送りたい方を応援する出発前サポートをご提供しております。