特集・お役立ち

ワーキングホリデーの制度を利用しよう

 

 ワーキングホリデーとは、日本と対象国との間で結ばれた協定で、

 若者の文化交流を目的とした長期滞在を認める制度です。

 

協定の内容は、個々の国によって異なり、ビザの発給数の制限が設けられていたり、

滞在中の就学可能期間や、就労可能期間の制限が異なっていたりします。

 

ここでは、オーストラリアの制度についてご紹介します。

 

ワーキングホリデービザの申請条件

 

● VISAの申請時に18歳以上で31歳未満であること。

● 子供を同伴せずにオーストラリアに滞在すること。

 (結婚されていても大丈夫です)

● 過去にオーストラリアのワーキングホリデービザ(最初)を取得したことがない人。

 (セカンドワーキングホリデーはこの限りではない)

● ワーキングホリデービザの主旨を理解し、ルールを守れる人  

 (移民省にあるワーキングホリデービザのルールを読んで理解し、守る意思を持って渡航する)

● 当初滞在に必要な資金と帰国時の渡航費用を持っていること。  

 (証明書の提出は求められないが、資金として少なくとも50万円ほど持っていることが望ましい)

● ビザ申請料金 A$420 を支払うこと。

 

ワーキングホリデービザのルール

● 発給から12ヵ月以内に入国すること。  

 (12ヵ月以内に最初の入国がなければビザが無効。

  12ヵ月以内に入国した時点でビザが有効となり、その入国日から滞在期間がカウントされる。)

● 滞在期間は最長12ヵ月間。

● ビザ有効期間中は出入国は何回でも可能。

 (ただし、出国している期間も上記12ヵ月間にカウントされる。)

● 同じ雇用主のもとで最長6ヵ月間まで就労可能。

 (職場を転々とすれば、ビザの期間中ずっと働き続ける事も可能)

● 就学する場合は最長4ヵ月間まで可能。  

 (語学学校であれば最長17週間という計算になる。)