特集・お役立ち

 

VISAのタイプ別 できる事 できない事 その3

 

オーストラリアに渡航する場合、必ず何かしらのVISAが必要です。

クレジットカードのVISAカードではなく、入国査証の事ですよ。

 

学生VISA

 

・ビザの申請の流れが他のビザと異なる為、申請に時間が掛かる。(取得まで1ヶ月~3ヶ月)

・ 滞在期間は就学期間 + 4~8週間。

・ ビザ有効期間中は出入国は何回でも可能。

 (ただし、出国している期間もビザの滞在期間にカウントされる。)

・ 2週間につき40時間まで就労可能。 

  (以前は1週間に20時間まででした。)

 

 

学生VISA申請の流れ

 観光やワーキングホリデービザの場合は、 パスポートとクレジットカードがあれば

 申請をする事ができ、その後、渡航プランを考える事ができます。

 

 学生ビザの場合、まず、学生として渡航することの証明が必要になります。

 その為、

 

 1.渡航先都市を決める。

      ↓

 2.学校と修学期間、コースを決める。

      ↓

 3.学校の申込みを行い、学費を支払う。

      ↓

   4.学校からCOE(入学証明)を発行してもらう。

 

 (ここまできて、ようやくビザの申請開始です。)

 

      ↓

 5.Immiacount の申請 

 

      ↓

 6.学生VISAの申請

 

      ↓

 7.健康診断の受診 
 (健康診断は、オーストラリア政府指定の病院で受ける必要があり、非常に数が少ないです)

 (日本全国で8箇所 福岡、兵庫、大阪、東京、北海道 にしかありません)

       https://www.border.gov.au/Lega/Lega/Help/Location/japan

  

      ↓

 8.VISAの認可

 

   学校の手続きは、学校の内容さえ決まれば1週間もあれば完了しますが、
 健康診断は、病院に空きが無ければ時間が掛かるので、
 申請には余裕が必要です。

 

   

 

学生でできる事 できない事

 

「できる事」

 

1.観光旅行

2. ボランティア

3. 長期間の勉強。 

4. インターンシップ(夏休みや卒業後の滞在期間を利用) 

5. 各種、資格の取得

6. 仕事、アルバイト

  

 

「出来ない事」

1. 長期間の仕事。

2. 2週間で40時間以上の仕事。

  以前は1週間で20時間以内という制限でした。

  

 一見、同じように感じますが、夏休みなどの長期休みがある場合に大きく変わります。 

  1日7時間労働 x 3日 これだけで、リミットオーバーでした。

 

3. さぼり。

 学生ビザは、学校に通うために滞在を認可されているので、出席率は厳しくチェックされています。

 出席率が80%をきった場合、問答無用で『強制送還』になります。

 

その他 注意点

1. 学生ビザが申請できるコースが決められています。
  政府認可の学校で尚且つ、政府が認可したコースのみです。
  具体的には、

  CRICOSという認証コードを持っているコースのみで、学校が政府に申請をし、認可を受けます。

  その認可を受けたコースに通う学生のみが、学生ビザを申請できます。

  学校がCRICOSの認可を受ける為には色々な条件がありますが、学生側に関係があるのは、

  1.最低1週間18時間以上の学習。

  2.しっかりとしたカリキュラムと施設。

  3.学校法人として認められている事。

 

  上記があげられます。 ですので、学生側としては、

  

  1.どこの学校に行っても、最低水準以上の教育は保証されている。

  2.何処の学校に行っても、万一、学校が倒産しても保証が受けれる。

 

2. 学生ビザの申請の際には、必ず健康診断(オーストラリア政府指定の病院のみ)を受けなければなりません。

  日本国内に指定病院が非常に少なく、混みあっているので申請に時間の余裕が必要です。 

 

3. 学生ビザの申請は、日本で申請する場合、学校のコース開始日から180日以内です。

  オーストラリア国内の場合は、93日前から受付。

 

つまり、学生ビザの申請には、タイミングが重要です。  

  

オーストラリア滞在中に学生ビザの延長したい場合。

 

・学生ビザの延長は、可能です。

 学校からCOE(Confirmation Of Enrolment)を発行してもらい、インターネット上で申請。

 ただし、オーストラリア国内で2回目の延長を行う場合、通常のビザ申請代金に加えA$800の追加代金が

 請求されます。

 

・学生ビザから観光ビザへの切り替え

 可能です。 

 

・学生ビザからワーホリビザへの切り替え。

 出来ません。 一度帰国するか、オーストラリア国から申請しましょう。

 


 TACでは、オーストラリアの専門留学旅行エージェントとして、留学のカウンセリング、
 学校の手配、VISAの代行手配やサポート、渡航前の長期滞在セミナーを行っております。
 また、航空券、ホテル、レンタル携帯電話、海外旅行保険などの手配も行っております。


 お気軽にお問い合わせください。


留学・ワーホリの資料請求はこちらから。

航空券のお見積もりはこちらから。