特集・お役立ち

TACと他社の違い (旅行会社として)

 旅行業に関して、他社との違いをお伝えすると、

 

 1.オーストラリアに特化している事。

 2.「学び」というコンセプトのみでご案内をしている事。

 3.時間的「ゆとり」を持った内容でご案内をしている事。


 

 

 1.オーストラリアに特化

 

 他社との違い 1で記載しましたが、

 1つの国に特化するのは色々なリスクがあります。

 たとえば、テロや災害がおきたら、お客様は渡航を控えられるでしょう。

 たとえば、為替の大きな変動があり、物価が高くなれば安い国を選ばれるでしょう。

 たとえば、凶悪犯罪などがニュースになれば、渡航を控えられるでしょう。

 

それでも、弊社がオーストラリアに固執する訳は、

 

 1.世界中で、最も安全な国の1つであるから。拳銃の所持は認められていない。

 2.オーストラリアの経済を支えるのは、地下資源が大きいので、大幅な経済変動がおきにくいから。

 3.物価の変動が比較的緩やかなので、犯罪率も低く、安心できる国だから。

 4.親日的で、ゆったりした国民性であるから。

 5.日本と時差が殆ど無く、直行便も運行し、渡航しやすい国だから。

 6.私が長期間滞在し、快適に生活が出来ている国だから。

 1つの国に特化しても、安心してご案内出来るのです。

 

 

 2.「学び」というコンセプトのみでご案内をしている事。

 

 TACとは、どんな会社?という記事で記載をさせていただきましたが、

 短い滞在期間に色々詰め込んで、「行った。見た。疲れた。」という弾丸ツアーが主流を占めており、

 折角、時間と費用をかけて海外に行ったのに、行ったという事しか残らないのは非常に勿体無い事だと思います。

 効率よく、見所を押さえると聞こえは良いのですが、結局、そこから何を得られたのでしょうか?

 環境問題などの社会問題など難しい話を取り上げる訳ではなく、珍しい植物の名前、動物の名前、現地の言葉、

 現地の人の考え方や行動など、何かに目をむけ、今までの自分とはちょっと違う自分になれたら

 素敵じゃないですか。 

 

 特に弊社では、お客様に現地の方とのコミュニケーションを取って頂きたいと思っています。

 本やインターネットでは感じられない、リアルな体験を通じて、心を豊かにしていただければ幸いです。

  

 3.時間的「ゆとり」を持った内容でご案内をしている事。

  

 その為にも、早朝から移動、分単位での行動をするようなツアーではなく、

 1箇所に滞在し、その土地を感じられるような過ごし方をご提案させていただきます。